アーカイブトップへ戻る

マグナム・ファースト日本展

LINEで送る

rrtteggg_mini

 

世界を代表する写真家集団、マグナム・フォト。世界各国のいろんな国籍を持つ写真家50名によって構成されています。報道写真のイメージがとても強いと思うんですが、日常をありのままに撮るという強い信条が、そういったイメージに繋がっているのではないかと。

時代をそのまま切り取ると報道写真に行き着くのかもしれませんね。

1955年に開かれたマグナムフォト最初の写真展に展示された83枚のモノクロ作品。戦争など争乱の影響で行方不明になっていたこれらの作品が2006年にフランスで発見されました。

2008年から現在にいたるまで世界11都市を巡回していましたが、遂に日本にやってきます。

 

SPAIN. Cerro Muriano, Cordoba front. September 5th, 1936. Republican militiaman (Federico BORRELL GARCIA) at the moment of death. ("The Falling Soldier").

SPAIN. Cerro Muriano, Cordoba front. September 5th, 1936. Republican militiaman (Federico BORRELL GARCIA) at the moment of death. (“The Falling Soldier”).

 

↑マグナムフォト最重要人物(個人的主観)、集団設立者でもあるロバート・キャパ。

 

henri_cartier_bresson_2_mini

 

↑アンリ・カルティエ=ブレッソン。同じく設立者の一人。絵も描きます。

彼曰く「写真は短刀の一刺し、絵画は瞑想だ」だそうです。

 

”短刀の一刺し”。しっかり喰らっておくべきだと思いました。

 

マグナム・ファースト日本展

2016年4月23日-5月15日 11:00-19:00

ヒルサイドフォーラム

入場料一般1,000円 学生高校大学生500円 中学生以下無料

http://www.magnums-first.jp

 

アーカイブトップへ戻る