新倉 孝雄

新倉 孝雄

新倉孝雄の作品は、ミニマルな線と柔らかな色彩が織りなす抽象画。
 
彼が捉えるありのままの情報を絵画としてアウトプットする世界は、海や波のようにも、木々や葉花の様にも、ただ光や影の様にも見ることができる。
様々な色の情報が飛び交い、音となって体をすり抜ける様な激しいブラシストロークや、やさしく包み込まれるような色の温度は、まるでオノマトペ。
彼の作品を前にして “頭で考える必要はないんだ” と改めて思える。
 
「無理すんな、そのままでいいんだ」
  
1972年東京目黒区生まれ
DIGINNER GALLERY 所属 http://www.diginner.com/
RVCA A,N,P(Artist Network Program)アドボケーター http://www.rvca.com/
Website. http://www.niikuratakao.com/
 
 
DIGNNER GALLERY
2010年3月にギャラリーがオープン
自由が丘駅から徒歩1分という環境で気軽に足を運べるギャラリーです。
企画展で展示・発表される作品は、現代アートを中心に平面・立体、インスタレーションまで様々。
また、アクセサリーやアパレルなどの 販売やワークショップ開催にも利用できるマルチプルスペースでもあります。
国内外のアーティストの企画展を主にしながらスペースレンタルも行い、
作家自身のアート活動を垣根なく発表できる場としても提供しています。

■企画展
スペースの個性を最大限に活かす、常にプライマリーなエキシビジョンを展開する。
この場所で求められるのは、コンセプチュアルなもの よりも、
言語を生まない、本質のみがむき出しとなっている作品が多い。

niikura_mens_t
niikura_ladies_t