良いね!キャラクターを描き加えちゃってます

 

ニューヨークに拠点を置くアーティスト、Dave Pollot。

捨てられている絵を拾ってきて、そこに日本でも馴染みのある人気キャラクターを描きこんでしまうという離れ業で最近話題になっています。タッチを元の絵に似せて、とけ込ませるのが本当に巧い!

 

dave-pollot-paints-characters-from-games-movies-and-shows-into-discarded-paintings-2

dave-pollot-paints-characters-from-games-movies-and-shows-into-discarded-paintings-6

dave-pollot-paints-characters-from-games-movies-and-shows-into-discarded-paintings-13

dave-pollot-paints-characters-from-games-movies-and-shows-into-discarded-paintings-15

dave-pollot-paints-characters-from-games-movies-and-shows-into-discarded-paintings-17

 

「最近アートがシリアスになりすぎている。一歩下がって、笑い飛ばす感覚でアートを捉えるのも良いかな、と思ったんだ。」ですって。

コンセプチュアルアートを筆頭に、アートがなにやら難解な学問のように捉えられている節があるような気がしますが、そもそもアートってそういったものじゃないと思うんです。自由に感じて自由に表せば良い。

そういった意味で、このアーティストさんの考えや作品は面白いと思います!

異論をお持ちの方もいることでしょう。それはそれで正解。

要は、ナンデモアリ、なんですよね。

 

…多分。

 

 

via:twistedsifter

(Visited 1 times, 1 visits today)
Top