程良くユルいペインティング

 

ロンドンをベースに活動するフリーランスのイラストレーター、プリントメーカーのGaurab Thakali。

この人、年齢は20台そこそこで若いんですが描く絵は、良い意味で”若者らしくない”というか、”あか抜けていない”というか。

例えれば、共産圏(キューバ)とかの壁画っぽいタッチですごくそそられました。

 

img014_700

 

52

 

ちょっと調べてみたら、ネパールで生まれ育ったらしい。それでこんな感じの絶妙なタッチになっているんですね。あきらかに西欧の”それ”じゃない。目にしてきた絵やグラフィックによる影響とは思うんですが、生まれ育った環境でタッチが変わるってやっぱり面白いですよね。

 

monk_669

framed-DUKE

 

http://www.gaurabthakali.com

 

(Visited 56 times, 1 visits today)
Top