残像

戦後の社会主義圧政下で、自らの信念を貫いた実在の前衛画家の人生を描いた実録ドラマ!
巨匠アンジェイ・ワイダ監督の魂が凝縮された、心震わす渾身の遺作!!

<STORY>
第二次世界大戦後、スターリン主義時代のポーランド。中部の都市ウッチに暮らす、画家で大学教授のストゥシェミンスキは、戦争で片手片足を失っていた。ある日彼は、自分を慕う学生たちに芸術の自由について説くのだが、その後、自宅アトリエをおおい尽くしたスターリンの肖像が描かれた垂れ幕を切り裂いた事で、警察に連行されてしまう。後日、大学で行われていた彼の講義に文化省が乗り込んでくる。政府は“芸術は政治を反映する”という理念を、芸術家や学生に強制しようとしていた。しかし、その理念に反論したストゥシェミンスキは、芸術表現の自由を主張し、学生から拍手喝采を浴びるが、その行為により政府を敵に回してしまう。己の芸術に一切妥協しないストゥシェミンスキだが、社会主義権力は彼を破滅させるべく、大学と芸術家協会から追放してしまい…。

<CAST>
ボグスワフ・リンダ「鉄の男」/ゾフィア・ヴィフワチ/ブロニスワヴァ・ザマホフスカ/クシシュトフ・ピェチンスキ/トマシュ・ヴウォソク

<STAFF>
監督:アンジェイ・ワイダ「カティンの森」「鉄の男」/脚本:アンジェイ・ムラルチク、アンジェイ・ワイダ
撮影:パヴェウ・エデルマン「戦場のピアニスト」/照明:ツェザリ・リソフスキ/音楽:アンジェイ・パヌフニク

●クレジット表記
・11月2日発売
・タイトル:『残像』
・販売:アルバトロス
・税抜価格:3,800円
・コピーライト:©2016 Akson Studio Sp. z o.o, Telewizja Polska S.A, EC 1 – Łódz Miasto Kultury, Narodowy Instytut Audiowizualny, Festiwal Filmowy Camerimage- Fundacja Tumult All Rights Reserved.

(Visited 27 times, 1 visits today)
Top