噛み途中のチューイングガム

 

絵描きさんの使うモチーフや着眼点というものは、そのアーティストの頭の中そのものを表していて、

そういった意味で、スキルと同等もしくはそれ以上に重要な要素だと思います。

「普通の物じゃ面白くない!」

…という理由かは分かりませんが、ユニークなものをモチーフにするアーティストが増えているような気がします。

ニューヨーク在住のアーティスト、Julia Randall もその一人。

なんと、噛み途中のチューイングガムを描いちゃってます。

 

Julia-Randall_web1

Julia-Randall_web5

Julia-Randall_web7-777x1024

Julia-Randall_web12-714x1024

 

どことなくフランシス・ベーコンを想起させる不気味さ。。

ただのガムなんですけどね。こういった視点が面白くないですか??

作家サイトの作品説明からも察することが出来ますが、

明らかに人体を意識した作品に仕上がっています。

 

まぁ……ただのガムなんですけどね 笑

 

http://www.julia-randall.com/index.html

 

 

via:EMPTY KINGDOM

(Visited 10 times, 1 visits today)
Top