南米で生まれるアッパーなグラフィック

 

世界には色んな”色”を持つアーティストさんやデザイナーさんが居ます。日々様々な国の作家さんの作品を観ていて思うんですが、気候的や経済、政治的な生活環境が作り手に与える影響は大きいです。

いくらインターネットが普及して世界中の情報を垣間みれる事が出来ても、重要なのは実際に自身を取り巻く環境なんだなぁと彼らの作品を観ていて思いました。

Hola Bosqueというデザインスタジオは、アルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に、イラストからグラフィック、アニメーションに至るまで、日々素敵なデザインを生み出しています。

 

lfdt-03_850

perro-real3_860

cocacola-alegria2_860

trippin1

 

 

底抜けにポジティブでアッパーな印象を与える作品ばかり。これも少なからず温和な気候が影響しているんじゃないでしょうか?もちろんそれだけじゃないとは思うんですけどね。。

しばらく暖かい地域に住んで、モノ作りしてみたいなぁ。

 

http://www.holabosque.com.ar

 

(Visited 21 times, 1 visits today)
Top