デザインの解剖展

 

六本木、東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTで先月中旬から開催されている展覧会「デザインの解剖展」。観に行かれた方いますか??

先日デザイナーの友人が行ってきて、興奮気味に魅力を語っていたので僕も近々行ってみようと思っています。

僕たちは普段、沢山の製品に囲まれて生活しています。これら一つ一つの製品は、素材やパッケージ等、色々な方面から細かくデザインされています。これを読み解こうというとてもユニークな趣旨の展覧会なんです。ディレクターを任されているのは、日本を代表するGデザイナー、佐藤卓氏。うん、間違いない。

 

top_poster

 

2121_DESIGN_010

 

 

“写ルンです”や、”きのこの山”、”明治おいしい牛乳”などのメジャーな商品のデザインが丸裸にされ、解剖展示されているそうな。デザインの意図を細部まで知ることは、きっと自身のクリエイティブに計り知れない影響を与えることでしょう!デザインに興味がある人は必須なんじゃないでしょうか。

来年1月22日までやってるんで、興味ある方は是非足を運んでみてください〜

 


 

デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法
会期:2016年10月14日(金)〜2017年1月22日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:東京都港区赤坂9-7-6
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日、年末年始(12月27日〜1月3日)
※10月21日(金)、10月22日(土)は22:00まで開館延長(入場は21:30まで)
入場料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
TEL:03-3475-2121

 

 

(Visited 24 times, 1 visits today)
Top