ダミアン・ハーストの個展が開催されます

 

ヤング・ブリティッシュ・アーティストと呼ばれるイギリスのコンテンポラリーアーティスト達の代表格で、

現在でも作品には高額がつけられる超ビッグネーム、ダミアン・ハースト。

動物が輪切りにされてホルマリン漬けにされた作品、観た事ありませんか??

その後も数々の作品を発表し、その度に様々な論争を巻き起こしてきました。

まさしく賛否両論ってやつですね。結構批判も多いです。。笑

 

そんなダミアン・ハーストの個展が3/31から2ヶ月間、ロシアのモスクワにあるTatintsian Galleryで開催されます。

 

Something must break, 2008, Courtesy of Sotheby’s Picture Library
© Damien Hirst and Science Ltd. All rights reserved.

The Rose Window, Durham Cathedral, 2008, Image: Photographed by Prudence Cuming Associates
© Damien Hirst and Science Ltd.

Skull with pills, 2008, Oil on canvas, Image: Photographed by Prudence Cuming Associates
© Damien Hirst and Science Ltd.

 

何かやれば、何か言われているイメージなんで、今回も話題になりそうな予感。。

お近くの方(居るのか?)は是非。

www.tatintsian.com

 

© 2017 Gary Tatintsian Gallery, and the artist.

via:weandthecolor

(Visited 122 times, 1 visits today)
Top